プリ小説
一覧へ

第8話

秘密
あなた

湊?どうかした?

僕はあなたの一言で現実に引き戻された
湊
ん?何でもないよ。
僕は何事もなかったように
笑顔であなたの方を見つめた

しかし、あなたの表情はとても暗かった
あなた

ねぇ、湊。大事な話があるの。

あなたは今にも泣きそうな顔で
消えてしまいそうな声で言う
初めて見るあなたに僕は胸騒ぎがした
それでも僕はあなたの話に耳を傾けた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

💙ジャニガチ勢@さーちゃん💙
💙ジャニガチ勢@さーちゃん💙
アカウントを変えます。1度全ての物語を消して再度新しい垢で公開します!