無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

パーティのあとで
あなた

...あれ?シュウさん...?

シュウ
シュウ
...何。
あなた

あの、これから家に帰るんですよね?そこ、曲がるところじゃないですよ?

シュウ
シュウ
...今日は少し寄り道をする。あんたもついてこい。ほら、あんたもこっち来て。
あなた

あ...。

言うとシュウはあなたの手を握り、引っ張って歩いた。
あなた

(わ...いつもは私がシュウさんの手を引っ張って行くのが多いのに、シュウさんからこうやって私の手を握って歩いてくれるなんて珍しくて嬉しいな...。でも寄り道なんて、どこに行くつもりなんだろ...?)

シュウ
シュウ
...。
あなた

(シュウさんは何も言ってくれないし...まあ、行けば分かるよね...?)

そうして、たどり着いた先はー。
シュウ
シュウ
...ほら、ここだ。
あなた

...え...?ここ、は...。