無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

一方その頃、、
あなた

あーシルクに会いたい!!

あなた

会えたら何しよう?

あなた

ハグ?それとも握手?

あなた

あー迷うー!

そんな妄想しかできなかった私のちっちゃい頭

だけどこれが現実になるなんて

思ってもいなかったんだー。