無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

こ、ここは?
あなた

ふわぁー
昨日はすごい夢を見たー

シルク
シルク
あっ起きた!
シルク
シルク
みんな来て!
あなたが起きたぞ!
ドタドタ!
ンダホ
ンダホ
おっ、よかった
モトキ
モトキ
起きたかー
よかったー
あなた

やっぱり夢じゃない!!

あなた

ここはどこ?

シルク
シルク
ここは俺の家
あなた

綺麗なおうちだね。

シルク
シルク
いやーそんなことはー
(やばい可愛い💕)
あなた

あっ、すみません!
帰らなくちゃ!

シルク
シルク
ここにすまない?
あなた

えっ?
いいんですか?

シルク
シルク
うんいいよー!
あなた

ちょっと母親に連絡してみます!

プルプル、、
あなた

もしもし?
お母さん?

私の母
そうよ?
どうしたの?
あなた

私が倒れたところを助けてくれた人の家で
暮らしたいんだけどいい?

私の母
いいわよ、
そのかわり、一回家に戻って来て荷物を取りに来て。
あなた

わかった!!
ありがとうお母さん!

プップ、、
あなた

いいって。

シルク
シルク
ほんと?
あなた

うん!そのかわり荷物を取りに来て
って言ってた。

シルク
シルク
じゃあ俺も取りに行く!
あなた

ほ、ほんと?

シルク
シルク
おう!
家に帰って、
あなた

ただいまー

シルク
シルク
おじゃましまーす
私の母
おかえりなさい。
この人は?
シルク
シルク
あなたさんを助けたものです。
私の母
まーぁこれからあなたがお世話になります。
あなた

荷物とったら行くねー

私の母
わかったわ。
荷物をまとめ、
あなた

それじゃあ

私の母
バイバイ!
シルク
シルク
おじゃましました。
これから初恋の人と住むことになった!
本当に嬉しい!
あなた

これからよろしくね!シルク!

シルク
シルク
おう、よろしく!