プリ小説

第4話

中学校入学
中学生になって、
君のことを諦めた頃。


廊下で友達と話していると視界の遠くに君の姿



びっくりしたし、ちょっぴり嬉しかったあの気持ち。




でも、中学1年…2年と過ぎて。


中学2年になると小学校からの親友から君のアドレスが送られてきた


恐る恐る君と話す。


またあの頃の様に…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

💙ジャニガチ勢@さーちゃん💙
💙ジャニガチ勢@さーちゃん💙
アカウントを変えます。1度全ての物語を消して再度新しい垢で公開します!