無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

君の後ろになったあと。
君が僕に声をかけてくれたあの日から
友達とはまだ言えないけれど仲良くなれたと思う。

───────────────────────────────

「おはよう神崎さん。」
「あ、うん。おはよ。」

挨拶はいつもあいつから。
正直言うと最初は慣れなかった。
僕は仲がいい人としかあまり話さなかったから。

でも、話しているうち少しずつ仲良くなって。


1週間後には──。


「神崎さんおはよー。」
「でたか澤本。」


僕は完全に君に慣れてしまった。




慣れていくにつれ澤本から穂貴に。




穂貴の存在が僕の中で大きくなっていった。








次の春にまた同じクラスになるとは。
中学校生活最後がこんなにも辛いとは──