プリ小説

第8話

定時





私はいつも定時に帰る










別に上司になんか言われるわけでもないし










愚痴をボソッと言われるわけでもない










普通にゆるっゆるの会社なだけ










桐「一緒に帰ろうやっ」










照史くんも定時に帰るタイプの人










家の分かれ道まではいつも一緒に帰ってる










だから、










付き合ってるとか噂されることもあるけど










付き合ってないから!









ほんとに!










うん、










桐「ほんまに平気なん?」










「ん?」










桐「言いたいこととか、無いん?」








「、、うん無いよ?」










桐「そっか

あ、あなた今日飯行かん?」










「あ〜行きた、

ごめん今日は無理だ、」










桐「え〜、まぁ用事あんならしゃーないな!

また行こうな!」










「うん!」










ちょうど分かれ道まで来た










桐「じゃあまた明日な!」










「ばいばい」










手を振って自分の家に歩き出した










ガチャッ










「ただいm『おかえり!!』

ぐぁっ、」










いきなり巨大な影が目の前に飛び込んできた










「ちょ、抱きしめんのはやめて、

苦しい、」










『待ってたで!』










「はいはいありがとうね」










『おん!』










部屋に入るとぴったり私の後ろをついてくる










「あの、普通に座ってていいんだよ?」











『やって、あなたにかまってほしいもん!』




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

はな🌷
はな🌷
見てくれたら嬉しいな☺💭 おはこんちばんは。 はな🌷だす。 (小説はあくまで名前を借りてるだけです 実際の方々とは関係ありません) ✃✁✃✁✃ 帰ってこれました! 名前変えました〜。 ✃✁✃✁✁ ☟LOVE☟ ◎SEKAI NO OWARI ◎AAA ◎ジャニーズWEST ◎ジャニーズJr. ◎TWICE ◎新垣結衣 ◎戸田恵梨香 ◎比嘉愛未 ◎磯村勇斗 ◎小関裕太 見てくれてありがとうございました😍💗