第2話

3,123
2017/12/25 02:32
りょうすけさんに屋敷に案内されて座った
りょうすけ
りょうすけ
じゃあ自己紹介するね
りょうすけと申します
さっきも聞いたか…あんたの名前は?
あなた

あなた…です

りょうすけ
りょうすけ
緊張してる?
緊張…してるかもしれない
あなた

わからないです…
男の人って初めてなので…

りょうすけ
りょうすけ
ってことは遊郭は初めて…?
あなた

はい…

吉原なんて来たことない
来る気もなかった
でも、母の頼みだから私は来ている
りょうすけ
りょうすけ
じゃあ楽しみなよ
傾城はね客を楽しませる為にいるんだよ
そう言うと周りにいるの禿に合図を出し曲を弾かせた
そのあとにりょうすけさんは舞い始めた

綺麗…りょうすけさんの視線が私を離さない
瞬きすらもゆるさない
りょうすけ
りょうすけ
どうだった?…気に入ってくれたようだね…
あなた

何で…?ですか?

りょうすけさんはこっち向いて笑いながらいう
りょうすけ
りょうすけ
頬が紅色に染まってるから
あなた

かぁ////

りょうすけ
りょうすけ
ほらまた
りょうすけさんは私をからかう様にいってくる
そんなふうにからかってると禿達がひいてく
あなた

りょうすけ
りょうすけ
もうそんな時間か…
あなた

もう、終わりなのですか?

りょうすけ
りょうすけ
宴は…ね?
夜九ツとなれば床へ入る時間だからね
あなた

///っ

りょうすけ
りょうすけ
あなたはどうする?







こんにちは!
作者の真耶です
次回🔞です
苦手な人避けてください
これからもよろしくお願いします

プリ小説オーディオドラマ