プリ小説

第3話

2
in、翌朝

あなた





あの里親また、帰ってこなかったよ。
ま、そっちの方がいいけど。

今日も朝ごはん無しで学校か。
今日は、予約が1件か。らっきー。

私は、学校でメガネにおさげだ。
SEXする時は、濃いメイクだけどね。
そのおかげで、友達がいない。
そうほうが、私的には好都合。

でも、最近、積極的に話しかけてくる人がいる。
名前は、佐藤勝利。顔はイケメンで、モテモテだ。
正直いうと、しつこい。

さ、学校行こ。
うっ。腰痛っ。学校着いて、そっこー保健室行こ。
あなた
行ってきます。お父さん。お母さん。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Y♡
Y♡
不定期で更新中 よろしくお願いします( *´꒳`* ) ❤や⭐、コメントしてくれると大喜びしますw バレンタインか...