第3話

部活動体験
310
2018/02/01 12:35
……こわい。


その一言に尽きる



──放課後


今、私は吹奏楽部の部活動体験場所である
多目的ホール


……の前まで来ているのだけど




人数多すぎ……!




何で何で!!?!

吹奏楽部ってこんなに人気だったの!?



ホールの中にはざっと
40人くらいの人が詰まっていて
中には男子も何人かチラホラいる


こんなの聞いてない……!


真穂は早速仲良くなった
クラスの子と一緒にいるしっ……


こんなんなら真穂に
吹部の体験行きたいって言っとくんだった



吹部の体験はしてみたい

でも人が多いし……



そうやって多目的ホールの前で
グルグル考え込んでいると
体験希望の子?
あなた

ふぇっ!!?!

突然のことに変な声が出てしまった


上を見上げると
部活動紹介の時にドラムを叩いていた
男の先輩が立っていた


ステージからじゃ分からなかったけど

結構背が高いんだ


私がちっちゃいから
余計そう見えるのかもしれないけど




ってゆーか!


お、男の人となんて

しゃべったことないのにっ



え?何?なに?

どうすればいいの??



男の人ってどういうひとなの????
あなた

えっ???と 、
は、はい?そうなんでしょうか??

我ながらとてつもなく
変な回答をしたことは分かっている


分かってるから!



クエスチョンにクエスチョンでかえすって
なんだ!!?!



それ以上に質問の答えになってない






ものすごく穴に入りたい気分だ
なら中だよ 。        ほら、いこう
あなた

え! あの!!

先輩は私のイミフ発言を軽くスルー


それもそれでさみしい……




かくして私は

先輩に腕を引かれて

半ば強引に多目的ホールに入っていった

プリ小説オーディオドラマ