無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

“first meet”
今日は中学校の入学式の日。

私、小川みなみは私立中学校に入学。
習い事の為で入学を決めた。
ホールに入場するときにひときわ目立つ男の子がいた。
坊主頭で背が高くて、一目見て野球だと思った。
「なんかあの人かっこいいなー…」

私の入った学校は中高一貫で野球の強い学校だった。
「きっと野球も上手なんだろうな」

ホールに入場して席に座ったときも目の前に座っててすごく気になった。

その後は各教室でLHR。
そのときも斜め後ろに座っててすごく気になってた。
挨拶をして教室から出て帰ろうとした時、後ろから声がした。
なんと声をかけてくれたのは私の気になっていた彼だった。
手に持っていたのは私のお気に入りのチャーム。
???
あの、これ落としたよ
みなみ
え、あ、ありがとう
すごくびっくりした。
声もまともに出なかった。

「さすが野球部、優しいな」

次の日の自己紹介で彼の名前は 中野優太だと分かった。
元々東京出身で、野球を機に中学の近くに引っ越してきたらしい。


明日は2泊3日の研修。
どうなるのかな。