無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

“2泊3日お泊まり研修”
今日は2泊3日お泊まり研修。
入学してからまだ2日だし、全然仲良くなってなくてすごく心配。でもまあ楽しんでこよ!
私は元気に家を出た。

教室に入ったら、あ、やっぱいる、優太。
静かに読書か、男子っぽくないな。

私は自分の席に行くのに当然優太の隣を通らなきゃいけない。
通路が狭いから…ゆっくり…
とは思って通ったけど、やっぱダメだったか。
なんと私は優太の机にバックをぶつけてしまったのだ。

みなみ
あ、ごめん!
優太
あ、うん、大丈夫

真剣に本読んでたから迷惑だったかな…と思いながらも私は席についた。