無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

“あの人と私”
昼食の席が目の前で、
活動班も同じで、
優太とはすごく近づけたな。笑


そんなとき少しショックなことが起きる。
はな
ね!中野クンってかっこよくない?
私好きなタイプなんだけど!!
はなが私にこう言ってきた。
((え、嘘…
あいか
はいはい!私も!
めちゃめちゃかっこいいよね!
((え、あいかもはなもそうなんだ…やっぱモテるよね優太。

一瞬自分を見失いそうになった私はどうしようもなかった。
「ちょ、ちょっと、トイレ行ってくる」
そう言って私は教室から出てトイレに走った。
驚きと同様を隠せなかった。
((でも気を取り直そう。まだ最初だもん。

私は自分にそう言い聞かせた。