無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

“すれ違い”
帰りのSHRが終わり、みんなは部活へと急いで帰る。
私はいつも迎えなので16時までは放課後残る。
((はー…今日は嫌なこと続き。
優太のことはバレちゃうし、はなとはライバル同士になっちゃったし…

私はトイレの鏡に向かって深くため息をついた。
((今日も放課後は1人か…
モヤモヤした気持ちで教室に入ると私の席の近くに見覚えのある人が座っていた。
みなみ
えっ、中野…?
優太
おう。((ニコッ
((え、だって今日、部活じゃ…
あ、そーか。今日offだ。
みなみ
今日は自主練しないの?
優太
だってテスト近いから。
いつも通り返事は素っ気ない。

((あのこと、迷惑かな。ちょっと聞いてみよー…
あーでもなー…
そんなこと考えてたら優太の方から話しかけてきた。
優太
あ、あのさ…
小川って好きな人いんの?
((やっぱり気にしてるんだ。謝らないと…
みなみ
あ、あのさ、ごめんね。
変な噂とか流しちゃってさ。迷惑だったよね…
優太
いや、俺は別に気にしてない。
返事は以外だった。もっと気にしてるのかと思ってたけど。
((なーんだ。笑 気にしてないのか笑


優太side_

言ってもいいかな、好きって。
でも部活に集中できなくなるのは困るし…


みなみside_

やっぱ迷惑だよね。絶対気にしてる。
私のせいで部活に集中出来なくなったらどうしよう…