無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

“知らぬ間に”
いろんなことがあって(わからない方はぜひ前回のを読んでください)野球のビデオをどんどん見始めた私。
((見てるとキリがない笑 でもだいたい分かってきたな。
はな
みなみおはよ!
私ね、中野クンと付き合うことになった!
ごめんね~先に取っちゃって。
((え、嘘でしょ?なんで?いつそんなこと…?
みなみ
え、あ、そうなんだ。お幸せにね!
はな
うん!ありがとう!
幸せ😇
((このこと凛なら知ってるかな…聞いてみよ。
私は今日のお昼のときにこのことを聞いた。
え、俺そんなん知らねえよ?
いつの間に…
みなみ
今日急に言われたの。
「私、中野クンと付き合うことになったんだー」って
中澤なら知ってるんじゃね?
1回中澤に聞いてみろよ。
((あいかならいつもはなと一緒にいるから分かるかな…

少しの希望とたくさんの不安を持って質問をしに。
みなみ
ね、はなってさ中野と付き合うの??
あいか
うん。私ね、その場所にいたんだ。
はなが告ったら、OKしてた。
((嘘でしょ。信じたくない、いや信じれない。
あいか
みなみチャン?大丈夫?泣いてるよ?
みなみ
ううん、なんでもない。ありがとう。
そう言って私は教室へと走り出した。

((ねぇなんで?なんでOKしたの?
でもなんで私は泣いてるの?やっぱ自分で期待してたんだ。バカだな私。

泣きながら教室に入った私は誰かが座っているのに気がついた。