無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ドSマサイ〜リクエスト〜
あなた

(( _ _ ))..zzzZZ

マサイ
なんかいつもと違う匂いがする…
マサイ
まさか…
あなたは友達たちと遊んできて疲れて寝ました
あなた

( ̄□ヾ)ファ~

リビング行こ〜

あなた

(・・。)ん?

あなた

ドアが開かない…

ガチャガチャ
あなた

寝るか

マサイ
あ、起きた
あなた

マサイ!
ドア開かない…

マサイ
まぁ、開かないように俺がしたんだけど
あなた

え?何で?

マサイ
お前友達の中に男いたろ?
あなた

うん…
でっでも、女子の方が多かったもん!

マサイ
はぁ、お前彼氏いることを忘れてるわけ?
あなた

違うよ…
ただ、友達に会いたかっただk…!?

マサイ
黙れ…[キスする
あなた

んっ…はぁ…ふぁっ…?

マサイ
もう…一生…家から出ないで俺といよ?
あなた

それはっ…でも食べ物とかどうするの…?

マサイ
俺が行くもん…全部面倒見るから…ね?
]あなたの太ももを触る
あなた

ひゃっ!///

マサイ
声エロい…
そんなにやって欲しかった?
あなた

違っ!マサイの手が冷たくて…

マサイ
まぁ、いいや
1週間はあなたどこにも行かせないからな
あなた

へ?











その後1週間はマサイとずっとヤっていましたとさ
1週間後…
あなた

腰すっごい痛い…

マサイ
今度他の男の匂い付けて帰ってきたらずっと出さねぇからな
あなた

う…うん
でもさ…

マサイ
へりくつ?
あなた

違う違う
私はマサイ以外に恋する気ないよ?

マサイ
お…お前〜っ!///
あなた

照れてる〜ww

マサイ
やっぱりあと3日間は外出さねぇ
あなた

((( ;゚Д゚))エッ!?