無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

バレンタインで…②
最後まで書く!!出来る限り!!下手でも許してくださいm(*_ _)m
あなた

マサイっ…!!

マサイ
!!
あなた

あ…その…まだマサイ用のチョコ作ってないの…だから…作ってからでも…いい…?///

マサイ
絶対だからね?
見張ってるよ!?
あなた

わ…わかった…

5分後
あなた

♪困った〜ときは〜助け合おうか〜

マサイ
歌ってる暇あるならさっさと作れよな!!
あなた

やってるよ?
チョコ溶かしてるの

マサイ
…ふーん…)そーだ!!いいこと思いついた!!
あなた

よし!!こんな感じかな?

マサイ
あなた…
ギュッ
あなた

マサ…イ…?
どしたの?

チュッ
あなた

ん…///

マサイ
ボソッ…可愛い…
チョコを手に少し付けあなたの首に付ける
あなた

なにやって…!!
熱いよ…

マサイ
何言ってるの?あなたが俺のチョコになるんだから
あなた

ふぇ!?

マサイ
ほら、「私を食べてくださいマサイ様」って言ってみて?
あなた

なんで…?

マサイ
シルクには手作りあげたんだから俺にはあなたくれてもいいでしょ?
あなた

…っ!
わ…私を…食べてください…マサイ…様…///

マサイ
ペロッ
あなた

んぁっ…!?痛たっ…
何…したの?

マサイ
俺のって印付けただけだけど?
マサイ
ね〜このままヤろ?
あなた

…(。_。`)コク

次ヤります…(*/▽\*)キャッ