プリ小説

第2話

第2話
 ピチチ...ピチチチ...

ん、鳥の声が聞こる...。.....。.........。


ガバッ!
小鳥のさえずりに起こされ、いきよいよく毛布を押しのけた。
だって、今日から念願の高校生活。


私の名前は桜倉あなた。

今日から高校1年生。

友達とか、大切な人とか、はたまた彼氏とか...♡

ただただ高校生活に夢見てきた。


「あなた起きなさい!?
遅刻するわよ!?」
お母さんが起こしに来てくれた。


「はぁい、わかってます」

「早く制服に着替えちゃいなさい。
ごはん並べて待ってるから。」

「うん、わかった。ありがとう。」


私はささっと憧れのセーラー服に着替え、髪をお団子にして、キッチンへ向かった。


「「いただきます!!」」

2人でてを合わせてご飯を口にかき込む。


「「ごちそうさまでした!」」

ご飯はあっという間に食べ終わり、食器を水道においた。

「あ、あなたお弁当忘れていかないようにね。
それと、出ていくときにはお父さんに挨拶していきなさい」

「うん!わかった!」

私はお弁当をカバンに入れ、鏡の前で身だしなみチェックを終えると、座敷にある仏壇の前で手を合わせた。

「お父さん、行ってきます。」

私のお父さんは、私がまだ小学4年生のときに事故で亡くなった。

その時は実感があまりなかったけど、今になっては、お父さんがいないという不便さがよくわかる。

「あなた時間大丈夫?遅刻するよ?」

「うん、行ってきます!」
『お父さんも、行ってきます』

友達たくさん作れるように、がんばってくるからね。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

M。
M。
恋愛小説*『嫌いって言って。』連載中。 気ままに投稿しています(*´v`*) いいね&お気に入り投稿していただけたら嬉しいです(^^)