無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

出会い
これは私が8歳のときの話…
家族旅行でU〇Jに来ていて迷子になって私は1人で泣いていた。
あなた

うぇーん (泣)

すると、そこへ
君、どうしたん?
あなた

ママぁ…

そうか… ママとはぐれちゃったんやね
よし!お兄ちゃんが一緒に探したるわ!
名前何て言うん?
あなた

あなた…

あなたちゃんかぁ…
お兄ちゃんは神ちゃんって言うんやで
あなた

うぅ…。

神ちゃん
神ちゃん
もう泣かんでええよ〜
あっ、そうや!じゃあこれあげるで!
ほらっ、お兄ちゃんとお揃い!
そう言うと神ちゃんは私にピンクの星のストラップをくれた。
あなた

ありがとう!

神ちゃん
神ちゃん
あなたちゃん笑った顔めちゃめちゃ可愛いやん!!
よしっ、探そう!