無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

神ちゃんsaid
俺は16歳の神山智洋。
友達とU〇Jに遊びに来てん。そしたらあなたちゃんがお母さんとはぐれて一人で泣いていた。
その子はめちゃめちゃ笑顔が可愛い!

あなたちゃんは俺の手をぎゅっと握りしめて歩き出した
神ちゃん
神ちゃん
お母さんがどんな格好してたか覚えてる?
あなた

私と同じ格好してる

あなたちゃんはミニ〇ンの格好をしていた
親子揃ってミニ〇ンの格好するってめちゃめちゃ仲のいい家族なんやな
それにしても可愛いなぁ 憧れるな家族でU〇J。
俺も結婚したら子供連れてペアルックで来たいなぁ…