無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

8年後…
それから約8年後 私ももう高校生
私は神ちゃんからもらったストラップをずっとカバンに付けている
正直、私は神ちゃんの顔をはっきり覚えていない
そして、名前もフルネームで知らない
でもずっと会いたいと思っていた
友達
あなたってずっとそのストラップ持ってるよね?
あなた

これ、大事な人からもらったものなんよ

友達
えっ!? もしかして元カレ?
あなた

違うよー! 私からしたらお兄ちゃんみたいな人かな?
また、会いたいな

友達
ふーん。
友達2
あなた! 今日一緒に帰ろう!
あなた

ごめん! 今日塾があるんよ、

友達2
そっか…
あなた

ごめんね

〜放課後〜
友達2
じゃあね!あなた
あなた

バイバイ

〜それから数時間後〜
あなた

はぁ〜 やっと塾終わった! ってもうこんな時間!?
早く帰らないと!