無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

再会
〜それから、数分後〜
あなた

無いよ… どうしよう…

もしかしてこれ?
あなた

これです!! ありがとうございます!
これ、すごく大事なものなんです

……あなたちゃん?
あなた

えっ? 何で私の名前知ってるんですか!?

やっぱり、あなたちゃんやんな!
俺のこと覚えてない?
あなた

えっ…?

ほらっ
そう言うとその人は青い星の形のストラップを見せてきた
あなた

えっ? 私とお揃い…
もしかして、神ちゃん?

神ちゃん
神ちゃん
せやで!あなたちゃんに会えた!
あなた

神ちゃんに会えた…

神ちゃん
神ちゃん
そのストラップまだ持っててくれたんやな?嬉しい!
それにしても大きくなったな!
初めて会ったときめちゃめちゃ小さかったのに
あなた

神ちゃんにやっと会えた…
ずっと会いたかった… あの日から忘れられなかった…

神ちゃん
神ちゃん
俺も会いたかったよ! ホンマに奇跡ってあるもんなんやな
私は嬉しさのあまり泣いていた
神ちゃん
神ちゃん
何で泣いてんねん! 泣かんでええやん
あなた

だって嬉しいもん…(泣)

神ちゃん
神ちゃん
昔から泣き虫やったもんな 全然変わってないやん!
あっ、そうや 俺が家まで送ったるよ
あなた

えっ? いいよ。 神ちゃんも早く帰らないといけないし

神ちゃん
神ちゃん
ええって!もう夜遅いし、女の子1人じゃ危ないからな
あなた

ホントに?

神ちゃん
神ちゃん
うん
あなた

ありがとう!