無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

自分の気持ち
神ちゃん
神ちゃん
いやぁ〜 まさか会えると思ってなかったなぁ
あなた

私も

神ちゃん
神ちゃん
昔はミニ〇ンの格好してめちゃめちゃ可愛かったのにな、今綺麗になったな
あなた

うわぁ〜お世辞やん〜

神ちゃん
神ちゃん
お世辞ちゃうわ!
あなた

ハハッ
そういえば私、神ちゃんの名前フルネームで知らないんだよね

神ちゃん
神ちゃん
俺? 俺は神山智洋やで
あなた

そうなんや!

神ちゃん
神ちゃん
あなたちゃんって好きな人とかおらへんの?
あなた

んっ!? ゴホッゴホッ
直球すぎてびっくりした!笑

神ちゃん
神ちゃん
ハハッ ごめんな。
あなた

私は別にいないかな?
神ちゃんは年上の人と年下の人どっちが好きなの?

神ちゃん
神ちゃん
俺は年齢なんて関係ないと思ってるよ
でもどちらかと言えば年上かな?
お姉さんみたいなイメージがあるなぁ〜
あなた

そっか…

私はなんだか寂しい感じがした
年下だから?
……私は神ちゃんのことが好きなのかな?