無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

誘い
〜その日の夜〜
あなた

あっ、神ちゃんから連絡来てる

神ちゃん
神ちゃん
(今日会えて嬉しかったよ、
良かったら今度2人でどっか行かへん?)
あなた

(私も嬉しい!
もちろんです!じゃあ予定が合う日があればまた連絡します!)

神ちゃん
神ちゃん
(分かった、じゃあおやすみ)
あなた

(おやすみなさい)

あなた

神ちゃんと出かけられるなんて!嬉しい
ホントに運命ってあるもんなんやね
はぁ〜 もう寝よ

〜それから数日後〜
あなた

今日は食事に連れて行ってくれてありがとう

神ちゃん
神ちゃん
ええよー。俺が誘ってんから
あなた

神ちゃんといるとこっちまで幸せな気持ちになれる…。

神ちゃん
神ちゃん
俺もやで!
あなたちゃんが笑っている顔見ると俺まで笑顔になれる
あなた

ありがとう じゃあそろそろ帰るね

神ちゃん
神ちゃん
おう、じゃあな!
あなた

バイバイ

───────────────────
※()の中は2人のLINEでのやりとりです。
───────────────────