無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

U〇Jへ!
〜数分後〜
笑美
パパ見て〜
神ちゃん
神ちゃん
えっ?めっちゃ可愛いやん!!
可愛い〜 やばい可愛いすぎる! ママそっくりやん〜
笑美はミニ〇ンの格好をしていた
神ちゃん
神ちゃん
ママと初めて会ったときと同じ格好してるやん
あっ! もう1人可愛い人見つけた!
神ちゃんは私の方を指さしてきた
私もミニ〇ンの格好をしていた。
あなた

やっぱり似合ってないかな?

神ちゃん
神ちゃん
ううん。めちゃめちゃ似合ってんで
可愛いなぁ〜
あなた

ありがとう!! じゃあ、はい、パパもこれ着て!

神ちゃん
神ちゃん
えっ!? 俺も着んの?
あなた

もちろん!

〜数分後〜
神ちゃん
神ちゃん
どう?
あなた

うん! めっちゃ似合ってる!
よしっ、U〇J行こう!