無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

29,254
2017/12/26

第2話

2
「お願い……します」



必死の思いで男ふたりを見る。


「お願いだってよ」

「参ったなぁ。そんなこと言われたら……」

「あぁ、そんなこと言われたら困る。だってよ」



そして、男は笑った。



「そんなこと言われたら、余計興奮する」



ーー


「ぁ、ん、ァ、ァっ」

「すっげ、締まってる」

「ッ、ん、……っ、ぁ、」

「こいつの身体、すげぇいい」

「や、め……っ、ぁ、……ン」

「逃げるな。おら」

腰を掴まれる。

そして、突き上げられる。

「ぁ……っ、ん、」

「すげっ、気持ちよすぎ」

「うぁ……ッ、……ン」