無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

26,938
2018/01/07

第11話

11
クチュ……ッ。


男がアソコに人差し指と中指を入れる。


そして、交互に動かした。


クチュクチュ……ッッ


クリトリスを責められながら、アソコに指が入っている。
それは、もう堪らないほど気持ちよかった。


「ぁ、ァァ……だめ、それ……ぁ、ぁっ」


クチュクチュっ


レロレロ……チュウチュウ……っ


もう限界だった。


こんな気持ちいいのに、耐えられるわけない。


無理……無理……あ、だめ。


もう、……イッちゃうーー



わたしは、身体を大きく反らすと、絶頂に達した。


身体がビックンビックンと震える。


「ンンン……ッッツ」


気持ちよすぎる。


すごすぎる。


ビクビクゥっ