プリ小説

第14話

私の初恋は、、、
私はけいの元へ走った
〇〇
けいっ
けい
あっ○○どうしたの?
〇〇
けい
私のために咲花ちゃんと付き合ってたの?
けい
...
〇〇
ごめん
本当にごめん、、、
けい
○○
これは○○のためじゃないよ
けい
俺が勝手にきめたの
けい
俺が○○と別れて、咲花と付き合っただけ
〇〇
けい...
けい
○○は、今誰が頭に浮かぶ?
〇〇
侑李
けい
じゃあ、行ってきな
けい
自分の気持ちは伝えなきゃ
〇〇
ありがとう
○○は侑李のところに走った
けい
行っちゃた笑笑
大貴
本当に良かったの?
けい
良かったんだよ
○○が幸せなら
大貴
良い奴だな
けいは
けい
お前もな
大貴
本当に大好きけいくーん
けい
キモイぞ
大貴
ひどい…泣
〇〇
侑李ー
侑李
あっ○○
けいの所行ったんじゃ
○○は侑李に抱きついた
〇〇
侑李は、いつも私が辛い時そばにいて、慰めてくれた
そんな侑李が大好き
だから、私と付き合って下さい
侑李
僕も、いつも笑顔で優しい○○が大好きだよ
喜んで
二人は再びハグをした


そして、キスをした


END

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さくらんぼ
さくらんぼ
これから、恋愛系の小説を書いていきたいと 思うので頑張ります!応援よろしくです ( • ̀ω ⁃᷄)✧キリッ