前の話
一覧へ
次の話

第13話

11話
158
2018/01/09 06:59
時也
ちょっ、とりあえず来て。
間違えて名前呼びしたことをいじられて顔が赤い。
あなた

あ、うん。

きっと私の顔も赤いんだろうな。
時也
…あのさ、
あなた

なあに?

時也
名前で呼んだってことはさ、奏多が消えて、それで…
あなた

タイムスリップしたことでしょ?

時也
うん、あれって夢だったのかな。
あなた

でも、2人で全く同じ夢を見るなんて…そんなことあるの?

時也
…ない、よなぁ。

じゃあ、やっぱり、あれは現実なのか…?
時の女神 ミル
おふたりさーん。
時也&あなた
ミル?!
時の女神 ミル
おつかれさん。歴史を修正してくれてありがとう。
あなた

じゃあ、やっぱりあれって…

時也
夢じゃなかったんだ!
時の女神 ミル
夢なわけないじゃない。それにしても、本当にやってのけるとはねー。
あなた

じゃああの展開で間違ってなかったんだね。

時の女神 ミル
そーゆーこと。
時の女神 ミル
それよりも、あなたちゃん、時也君、お互いの気持ち、まだ気づかないの?
時也
お互い?
あなた

お互いってことは…

時也&あなた
あなたも/時也も、俺の/私の こと好きって意味ー?!
時の女神 ミル
ハモってるしw
本当、鈍感なんだからー。

(2人が付き合わないと、私の存在が消えちゃうんだもん)
時也
本当か?あなた。
あなた

うん、本当だよ。

時也
付き合ってくれますか?
あなた

はい、喜んで。

そうして教室に戻る。
紗矢
なんの話してたのー?
時也
え、付き合おうって話←
奏多
え、お前ら付き合うの?
おめでとー(棒読み)
あなた

あざます!

こうして、私たちの平和な日常が戻ってきた。

でも、歴史を変えたのは、一体誰だったのだろうか。

そして、一体、なんのために…?


fin

プリ小説オーディオドラマ