無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

なんだ、あいつ
小瀧Side

ドンッ))

いって〜な

廊下を歩いていたらなんか変なやつにぶつかった。

どこ見て歩いてんだこら?とか言っときたいとこやけど女っぽいし辞めとくか。

一応俺にも評判っちゅうもんがあるし。

にしても、地味やな〜

変な苗字しとるし。

あいつ地味じゃなくさせたらどうなるんかな?www

まぁ、今後一生関わらんと思うけど。

さてと、流星のとこ行くかな〜





この時俺は、この後あいつとあんな関係性になるなんて知らなかった。