プリ小説
一覧へ

第4話

なんだ、あいつ
小瀧Side

ドンッ))

いって〜な

廊下を歩いていたらなんか変なやつにぶつかった。

どこ見て歩いてんだこら?とか言っときたいとこやけど女っぽいし辞めとくか。

一応俺にも評判っちゅうもんがあるし。

にしても、地味やな〜

変な苗字しとるし。

あいつ地味じゃなくさせたらどうなるんかな?www

まぁ、今後一生関わらんと思うけど。

さてと、流星のとこ行くかな〜





この時俺は、この後あいつとあんな関係性になるなんて知らなかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

RuUuNa
RuUuNa
沢山の人に私の小説を読んで頂けるように精一杯頑張ります!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る