プリ小説
一覧へ

第1話

初めて出会う君
あなたに出会ったのは、入学式の時だった

中学の友達は、クラスバラバラだ

僕のクラスは初めて会う人ばかりだ





入学してから、何日か過ぎ

僕は、まだ誰とも話せてない

あなたが話しかけてくれるまでは
あなた

ねぇねぇ

ゆうた
ん?
あなた

君、静かだね
私、あなたって言うの。よろしくね

ゆうた
よろしく
僕、ゆうた。よろしく
あなたは美しい、好きになってしまった

あなたは、笑顔で席に戻って行った

あなたは、僕を見ている

僕もあなたを見た

ニコッとした笑顔でこちらを向き、黒板の前にいる先生を見た

僕にとっては、天使だ



帰ろうとした時
あなた

今日、空いてる?
どこか遊びに行かない?

とあなたから話しかけられた

僕は
ゆうた
空いてるよ
いいよ
と、OKを出してしまった

あなたは、嬉しそうで僕の手を握った

僕は、顔を赤くした

僕の心の中には、あなたしか映っていない




あなたは、笑顔で僕に寄り添ってきた
あなた

ねぇねぇ、ゲーセン行かない?
記念にプリクラ撮ろうよ

ゆうた
行こう
あなた

とっても嬉しい/////

顔を赤くしたあなた

僕まで赤くなってしまう



プリクラを撮り、ゲーセンから出たのは夕方5時だった
あなた

ゆうた、まだ時間ある?

ゆうた
あるよ
そう言って連れてきたのは、公園だった

なぜなんだろう

僕は君とただ話もせず歩いた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

😻Marie😻
😻Marie😻
よろしくお願いします