無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

少女と黒猫の謎
黒猫
黒猫
この館は、不思議な館と呼ばれているよ。
館内で不思議な事が起こるのさ。入ってみないかい?
いや、不思議なことが起こる館って聞かされてんのに入るバカがいるか?
???
???
入りたい!!
ねぇ、入ってみようよ!もしかしたら、これを治す方法がわかるかもしれない!
あ、いたわ。
ここに、バカが。
あなた

はぁ…
わーったよ。行けばいいんだろ。行けば。
なぁ、黒猫。流石に死ぬってことはないだろうな?

黒猫は、伸びをする。
黒猫
黒猫
さぁね。
僕も入ったことないんだ。
???
???
…気をつけて。
夢の中で死んでしまうと、元の世界に帰れないっていう噂があるの。
なに、その噂…
ちょーこええ。
黒猫
黒猫
おおっ、よく知ってるねぇ。
お嬢さん、名前は?
あなた

あ、そーいや僕も聞いてなかったわ。
なんて名前なの?

天使の少女は、顔を真っ赤にして驚く。
そんなに、顔真っ赤にすることあったか?
ま、そんなのは人それぞれだけどw
???
???
んもう、教えてやるわよ。
なんちゅう上から目線!?
エレナ
エレナ
私は、エレナ=フィール=ルゼリーナ
普通にエレナでいいわ。
黒猫
黒猫
エレナ=フィール=ルゼリーナ…
創造の神様がどうしてここへ?
は?創造の神様?
なんだよ…それ。
エレナ
エレナ
はぁ、やっぱりアンタにはかなわないわ。
地獄への案内人、黒猫。別名…
ルナティック=サード=レイ
レイ
レイ
よくわかりましたねぇ…
僕は無名の神と呼ばれているのですが、なぜですか?
こいつ、変わりやがった…
でも、黒猫なのになんで白髪なんだ?
レイ
レイ
お教えしましょうか。
あなた様。通称 創造主様。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

♯ るみあの 紙小説 。
♯ るみあの 紙小説 。
るみあ の 紙小説 を読みに来てくれてありがとう!! 1日置きくらいに更新したいという気持ちで山々なのですが…低浮上です…。ごめんなさい。でも、皆さんが気に入ってくれる小説を作ることを頑張りますので、応援よろしくね!! 遥華☆▶▶♯ るみあの 紙小説 。
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る