無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

「お昼ご飯 !」
夏希
夏希
あなたちゃんご飯一緒に食べない?
あなた

え、いいの?

夏希
夏希
うん!一緒に食べよ!
と言って教室から出る。

すると、廊下を歩いてる小瀧望と目が合う。

あえて無視してすれ違う。

隣に重岡くんがいたのがまずかった。
大毅
大毅
あなたちゃん!こいつ覚える?小瀧望だよ!

肩を叩かれて振り向く。
あなた

あー…うん、覚えて、ないかも

大毅
大毅
お前は覚えてる?
望
え、あー、知らねえや、覚えてない
大毅
大毅
…そっかー、まあいいや、ごめんね!
夏希
夏希
ちょっと邪魔しないでくれる?いこ、あなたちゃん
目を合わせないまま、すれ違う。