無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

「ただいま」
カラオケみっちり3時間歌いまくった。

みんな歌うまかったな。

夏希ちゃんと同じ方面だったらしくて二人で帰ってきた。

夏希
夏希
あなた、なんかあるんでしょ?
あなた

なにが?

夏希
夏希
小瀧と、他になにか
あなた

え、あ

夏希
夏希
言えるようになったら言って。それまでは気にしないから!
あなた

ごめん、夏希ちゃん

夏希
夏希
いーえ!あ、私こっちだからまた明日ね!
あなた

うん!バイバイ!

望
…お
あなた

なにしてんの

歩いていると玄関の前で立ってる人がいた。
望
おせーよ!メッセージ送ったのによ、見た?
言われるがままにスマホを起動させる。

小瀧望からたくさんのメッセージが入ってた。
あなた

鍵忘れたの?

望
そー!だから待ってたの!遅せぇよ!
あなた

…ばっかじゃないの

望
うるせーな、はよ入れろ
あなた

はいはい、ただいま帰りました〜

望
誰もいねえのに言うのかよ
あなた

一応、礼儀ね

望
ふーん、じゃ、おかえり〜
ニコッと笑う。

あーこの笑顔にみんな騙されるんだな。

外面だけ良くてもね。
あなた

外面だけはいいようで

望
あぁ?!
小瀧望のお父さん───倫太郎さんはまだ帰ってきてないらしかった。
あなた

ご飯、食べた?

望
食うわけねえだろ
あなた

…あっそ、じゃあご飯作るね

ムカつくな。

いちいち。