無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

「心配」
夏希
夏希
あなた大丈夫?
あなた

…え?

夏希
夏希
最近ぼーっとしてるけど、大丈夫?クマもすごいし寝てる?
あなた

…夏希ちゃん

夏希
夏希
どーした?
あなた

あのさ


小瀧望にキスされたこと。

そこから気まずくなって重岡くんの家にお世話になってること。

夏希ちゃんが連れてきてくれたカフェでこんな暗い話をするのは気が引けるが、してしまった。
夏希
夏希
…はー、まじ。で1週間すぎたんだ
あなた

…そう、なの

夏希
夏希
私、小瀧と大毅とか中学一緒なんだけどさ、昔から二人はあんなんなの
あなた

…あんなん?

夏希
夏希
あー、モテるってゆーか、そんな感じ。小瀧はめっちゃモテるんだけど特定の彼女は絶対作らないんだって、ずっと好きな人がいるとかどーとかで
あなた

…へーそうなんだ

夏希
夏希
ちなみに大毅もなんだけどさ

好きな人…いるんだ。


って、なんで心配してるの。
夏希
夏希
…だから、安心していいんじゃない?
あなた

え?

夏希
夏希
多分そのことで寝れてないんでしょ?大毅はなんもしてこない?
あなた

…うん!大丈夫だよ!ありがとう!夏希ちゃん

夏希
夏希
はー、この鈍感は小瀧も大変ね
あなた

なに?

夏希
夏希
いや、あなたと話してると楽しいな〜って

絶対違うことを言っていたと思うけど、小声すぎて聞こえなかった。