無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

「のんちゃん」
望
…?…あなた…ちゃん…大丈夫?おき、わかる?
あなた

……のん、ちゃ

望
……っ、あなたちゃん

目を開けると白い天井に心配そうのぞき込むやっと思い出せたあいつ。

あいつじゃないか。


のんちゃん。


「…まー寝不足と軽い貧血ね、無理してないでしょうね?ほんとに過度な運動とかは当分やめなさいよ、あと少しで危なかったわよ。じゃあ、小瀧くんあとは宜しくね」

保健室…か。

保健室の先生がそれだけ言ってでていく。
望
はーい………大丈夫?あなたちゃん
あなた

……なんで、わかったの?

望
…春日井さんや恩田さんに聞いたら、連れていかれたって言ってたから、片っ端から探したよ
あなた

…あの、人達は

望
…多分、春日井さんがブチギレてる。ちなみにあの、篠宮さんとかもブチギレてた…でさ
あなた

……思い出した、よ

望
…じゃあ、俺のことは
あなた

…のんちゃん、でしょ

望
……!分かってくれたの!?


性格、全然違うんですけど。