無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

「思い出」
望
…ここ、覚えてる?
あなた

…うん、覚えてるよ、かくれんぼしたよね

小さな公園。

壊されないのが不思議なくらいなにもない。

昔は遊具たくさんあったんだけどね。

危険だーとかなんかで取り壊されていったらしい。
あなた

ねえ、聞きたいことがあるんだけど

望
なに?
あなた

…性格、昔と全然違うよね、それ、わざと?

望
…あーっと、それは、
あなた

答えれないならいいよ、無理には聞かないから

望
…いや!聞いて、ほしいよ
ちゃんと話すね、と言って座る。

ブランコに揺られながらのんちゃんの話に耳を傾ける。