無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

「帰ろう」
望
改めて言わせてほしいんだけどさ
あなた

…うん、なに?

望
俺、あなたちゃんが好きだよ。小さい頃からずっと好きだった。
会えなくなるって言おうと思ったけど、あの時は重岡のことが好きだって思ってたから勇気出すことできなかった
あなた

…うん

望
無理やりキスしてごめん。
だから、もう一回やり直しさせてくれない?もう一回頑張ってみない?次はもう泣かせたりしないから
あなた

…それで?

望
あなたちゃんが好きだよ。俺と付き合ってください。なにがあっても守ってあげるから
あなた

…守ってあげる…ね。約束してくれる?

望
いいよ、誓う
あなた

私ものんちゃんが好き。私でよければのんちゃんの彼女にしてください

望
…え、ほんと?
あなた

うん!てか、多分のんちゃん以外好きになれないと思う

望
〜〜〜っ!!も!なんでそんな可愛いの?
あなた

…え、なにが?

望
…っ!魔性…!……帰ろうか
あなた

うん

スっと差し出される手に少し戸惑う。

伸びてきて引っ張られる。

恋人つなぎで帰り道を歩く。