第31話

〜圭人編〜 Part1.
837
2018/01/20 09:09
AM8:00

圭人side

Hello‼︎圭人です。
あのねあのね、今日は待ちに待ったあなたとのデートなの!

昨日、聞いてないのに『ねぇ、俺が行った所聞きたい?』『海だよ、海!』『料理もしたの〜‼︎』って雄也が楽しそうに話すから、俺も楽しみになっちゃって眠れなかったんだ笑

__________
圭人「あなた〜来たよ(ドアをノック)」

あなた「ふぁ〜いっ(ドアを開ける)おはよ、圭人」

圭人「おはよあなた❤︎(ニコニコ) 昨日はちゃんと寝れた?ほら…遅く帰って来たから…」

あなた「うん‼︎ちゃんと寝れたよ!」

圭人「それは良かった…(安心)」

あなた「でも…圭人はちゃんと寝れたの?目の下にクマが…(顔を覗く)」

圭人「じじっ、じっ…実は…今日が楽しみすぎて寝れなくて…笑笑」

あなた「もーっ笑 ちゃんと圭人も寝ないとね!倒れたりしたら困っちゃう」

圭人「大丈夫‼︎今日はちゃんとエスコートしますよ〜❤︎(手を差し伸べる)」

あなた「じゃあ、お願いします笑(手を取る)」

__________

あなたには着くまで秘密にしようかなって思ってるんだけど…
今日の目的地は動物園‼︎!

最近赤ちゃんパンダが産まれたらしくて、触れ合い体験とか写真撮影をやってるらしいの。
ってテレビで放送してて…それを見たあなたが『いいな、可愛いなー』『私も触りたい…』って呟いてたからサプライズで連れてってあげようかなって思ってる。

__________
あなた「あっ、今日はどこに行くの⁇」

圭人「えっとねーそれは秘密(あなたの口に人差し指を当てる)」

あなた「ふぇっ…わ、分かった…」

圭人「えへへっ笑 じゃ、行こっか‼︎」

__________

開園時間は10:00から。
赤ちゃんパンダと触れ合ったりするには、整理券が必要らしいんだ。だから、ちゃんと受け取れるように早めに出て、バスで向かうの!

整理券が必要って事はやっぱり人気なんだね。

__________

AM8:30

運転手「え〜次は動物園前、次は動物園前」

あなた「えっ⁈動物園………⁈」

圭人「そうだよ、zoo‼︎」

あなた「って事は…(窓の外を見て、赤ちゃんパンダ誕生 という看板を発見)」

圭人「気づいた⁇」

あなた「…‼︎(目をキラキラさせ、無言で圭人に抱きつく)」

圭人「(あなたの頭をよしよしっと撫でる)おりよ?(停車のボタンを押す)」

__________

あなた、気づいたみたい!
喜んでくれたみたいで良かった…

__________

圭人「っよいしょ…(バスを先に降りて、あなたに手を貸す)」

あなた「おおっ…⁈(手を取るが、段差が急で、圭人にもたれかかる)」

圭人「うわぁっ⁈だ、大丈夫?(あなたを抱きしめてる)」

あなた「う、うん笑 圭人のおかげで!」

圭人「落ち着いてね笑 赤ちゃんパンダに会うには整理券を貰わなきゃいけないみたいなんだけど…(人の列を見る)」

あなた「割と…少ないみたいだね!人」

圭人「そうだね〜(列に並ぶ)」

あなた「会えるね!赤ちゃんパンダ❤︎」

圭人「うん!あっ…あなた、荷物持つよ?配布はまだ少し先みたいだし…(荷物をあなたの手から取る)」

あなた「えっ⁈だっ、大丈夫だよ…(自分で持とうとする)ひゃっ⁈」

圭人「んーん、いいのいいの(あなたの手を掴む)エスコートします。って言ったでしょ?」

あなた「…うん!(感動)」

__________

配布は何時からなんだろ⁇でも…お土産屋さんとかフードショップは空いてるみたいだから、開園までそこで休憩しようかな。

__________

AM9:00

飼育員「それでは赤ちゃんパンダ触れ合い整理券を配布します‼︎(メガホンで叫ぶ)」

あなた「は、始まるって‼︎(ワクワク)」

圭人「そうだね〜(ニコニコ)」

(飼育員が、あなたと圭人の前に来る)

飼育員「整理番号59番と、60番です。無くさないように気をつけてくださいね!(あなたに2枚とも渡す)」

あなた「あ、ありがとうございます!(嬉しそうに受け取る)」

圭人「無事に貰えて良かったね〜❤︎ まだ開園まで時間あるから…(腕時計を見る)お土産屋さんにでも行く?」

あなた「お土産屋さん⁈行きたいっ!」

圭人「じゃあ行こっか!(手を繋いで歩く)」

__________

お土産…他の8人にも買っていこう❤︎
クッキー…とかだったらみんなで食べれるよね⁇紅茶と一緒に食べたら美味しいかな。

__________

(お土産屋さんに入る)

あなた「わぁぁっ…‼︎(何かを見つけ走って行く)」

圭人「あなた?」

あなた「(何かを手に持ち、振り向く)じゃーんっ❤︎」

圭人「わぁ!あなた、cute‼︎」

あなた「圭人、これお揃いで買おうよ‼︎」

__________

あなたが手に持っていたのは、フードにパンダの耳が付いている 可愛らしいブランケットだった。

今まで男のふりしてたあなたと一緒に過ごしてたから…こんなピュアで可愛い所、あんま見た事無かったんだよね。
なんか嬉しいな❤︎

__________

プリ小説オーディオドラマ