無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第44話

エピローグ

未来!未来!

誰?あたしの名前を呼んでいるのは…

未来「ハッ!!」

目を覚ますとあたしの顔を沢山の人が覗きこんでいた

?「あ!やっと起きた!」

?「もうずっと起きないかと思ったよ」

その人たちはあたしが目を覚ますとガヤガヤと騒ぎだした

だが、どの人も知らない人ばかりだった

未来「あの……貴方達は誰ですか?」

?「ええ!?ここにきてそれはないだろ、未来!」

あれ?

でも、よく見ればどこか見覚えのある顔立ちをしたメンバーだった

未来「!もしかして……水翔?」

あたしは水翔の面影のある子にそう言った

?「半分はずれ!それは前世の名前で、今は“幸(ユキ)”だ。ったく、クラスメイトの顔くらい覚えとけよな」

未来「じゃあ、そっちの子たちも…」

?「そう!あたしは未地の生まれ変わりで同じクラスメイトの彩翔(アヤカ)」

?「俺は金斗の生まれ変わりでクラスは違うが同じ学年の清(キヨシ)」

?「僕は唯風の生まれ変わりで清と同じクラスの隆晶(タカアキ)」

?「あたしは一聖の生まれ変わりの健海(タケミ)!2人と同じクラスで隆晶と付き合ってます♪」

未来「……そっか」

じゃあ、一聖と唯風の思いは報われたんだね

?「俺は雷羅の生まれ変わりで千尋。別の高校でお前の先輩だ」

?「俺は光優の生まれ変わりで修平。驚くかもだけど、お前の生き別れの兄貴だ」

未来「え?」

お兄ちゃん?

未来「…ほんとに?」

修平「嫌…だったか?」

未来「ううん。嬉しい!」

?「俺は火夜の生まれ変わりの大雅。別の高校で1つ年下っす」

未来「そうなんだ。けど、どうしてここに?」

彩翔「あたし達はずっと前世の記憶があって未来のことを覚えてたから。未来は覚えてなかったみたいだけど」

修平「けど、今夜お前がタイムスリップしたって聞いてもしかしたら思い出すかもって集まったってわけだ」

未来「……どうして前世の記憶が?」

幸「…お前のおかげだ」

未来「え?」

大雅「アンタが俺の料理をおいしいって喜んでくれたから」

修平「お前が家族みたいって言ってくれたから」

千尋「お前が俺のことも能力も受け入れてくれたから」

清「お前が間違っていないって背中を押してくれたから」

隆晶「君がすごいって言ってくれたから」

健海「貴方が叶うと言ってくれたから」

彩翔「貴方がありがとうって言ってくれたから」

幸「お前が待ってると言ってくれたから」

未来「……」

幸「お前が言っただろ?“思いがあれば何度だって会えるはずだ”って。前世でバラバラになった俺たちを繋ぎとめてくれたのはお前だ、未来」

未来「!」

幸「まあ、まだ分からねえことは沢山あると思うがお前はもう1人じゃねえ」

そう言って幸が触れたあたしの首には

あの守護石がキラリと輝いていた

未来「これ…」

夢じゃないんだね

幸「これからよろしくな」

未来「…こちらこそ」

まだすべてを理解したわけではない

けど、あたし達はちゃんと巡り会えた

だから、今はそれでいい

だって、きっと思いがあれば

人は時を越えて何度でも出逢えるはずだから


end