無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第12話

迷い
城に戻った
それから利家お兄さんに今までの事を話してる
前田利家
そうか
あなた

嘘だって言わないの?

前田利家
言わない
あなた

何で?

前田利家
だって、お前は俺に嘘なんてつかないだろ
あなた

利家お兄さんッ‼︎

そう言って僕が飛びつくと利家お兄さんは
前田利家
おっとっと
と言いながら抱き締めてくれた
そして…
前田利家
お前の好きなようにすればいい
俺はお前が選んだ事なら別れる時も笑って居られる
だからお前は安心して選べば良い
信長様の隣か、お前の元の時代か…
あと、蘭丸の隣か…な?
あなた

な、ななななんで⁉︎
そこに蘭丸が

前田利家
だってお前、蘭丸の事す…
あなた

ああああああーーーーーーーー‼︎

前田利家
うおっ
あなた

お願い
利家お兄さん
蘭丸には言わないで
僕のことで蘭丸を惑わせたくない

前田利家
いいのか?
あなた

うん
僕、信長様の隣にいるよ
でも、利家お兄さんだけ、僕の本当の気持ち忘れないで
僕は忘れるから

…ぼく、蘭丸の事大好きだった

前田利家
だってよ、蘭丸
あなた

え?

森蘭丸
あのねぇ
俺が君ごときに惑わされると?
あり得ないよ
あなた

な、なに?
それを言うためにここに来たの?
じゃ、帰って

森蘭丸
そんなわけあるかよ
俺も、お前の事…好きだ…
パチパチ👏
あなた

え?

織田信長
やっと素直になったか…
これまで何回、夜に利家と作戦を練ったことか…
俺が、あなたを妾にするって言ってんのに蘭丸は動くのが遅すぎんだよな…
あなた

信長様…
今までそんな事を…

織田信長
感謝しろよ
あなた

いや、しませんよ
てか、そんな作戦会議するなら寝てください
だから毎朝、欠伸してたんですね

森蘭丸
そうですよッ‼︎
信長様、今すぐお休みになってください
豊臣秀吉
変わらないね
町娘 (恋歌(れんか))
貴方も大変ですね
秀吉様
豊臣秀吉
そんなこともないよ
それより今回は付き合ってくれてありがと
あと、さようなら恋歌
町娘 (恋歌(れんか))
次会うときは淀とお呼びくださいね
秀吉様
あなた

あはは

森蘭丸
なに笑ったんだよ
あなた

幸せだなって思って

森蘭丸
…可愛い事言っても何もねぇぞ
あなた

うん期待してない

森蘭丸
うっ…
こいつ可愛くねぇッ‼︎
前田利家
まぁまぁ
徳川家康
じゃ、一件落着って事で
織田信長
お、家康もありがとな
徳川家康
はいはい
服部半蔵
はー俺が1番疲れたっての
あなた

ってでさようなら

森蘭丸
は?
お前誰に言ってんの?
あなた

さぁてね

ーみなさんに素敵なご縁がありますように
fin