無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

半 分 シ ア ワ セ _
あなた

翠..?

...ん、
あなた

私の事...信じてくれて

本当にありがとう😊

おう
素っ気ない顔も

翠だから絵になる

キリッとした顔立ちは

カッコイイとしか言えない
家..着いたな
あなた

うん、じゃまた明日ね

今日はありがとう

おう、じゃ
トコトコ
あなた

(本当に嬉しい)

ガチャ
あなた

ただいまー

お母さん
おかえりー遅かったわね
あなた

レポート書いてた~

お母さん
そうなのね、お風呂入る?
あなた

うん、お風呂先にする

お母さん
はーい、
じゃちょっとだけ温め直してくるわね
あなた

ありがとう~

あなた

(嬉しくて嬉しくて言葉にならない)

~就寝時間~


ピコンッ






LINEの通知が鳴り響く
LINE)今電話できる?
あなた

LINE)いま?

LINE)ん
今は深夜の一時

正直ねむい

でも翠と電話だなんて経験したことないから

電話をすることにした




プルルルル
もしもし?
あなた

はぁい?

おれさ
あなた

うん

あなたとずっと話してたいなって

なんか、急に思っちゃってさ
あなた

うん

そしたらLINEで
電話できる?とか聞いてた。

眠かったよな。ごめんな
あなた

大丈夫だよ

確かに眠かったけど

それより嬉しかったから

よかった


特に話すことも無いんだけどね

急にかけちゃったから
嬉しかった

必要とされてるような気がして_