無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

あなた

大丈夫だよ

...

夜だから寒いね

..そだな
...なんかっ

ごめんな

俺が電話したのに
あなた

大丈夫だよ
私も嬉しかったし

ほんとはあなたが、
もう俺のこと嫌いになったんじゃないかって心配だったんだ
あなた

フフッ)

な、なに笑ってんだよ
あなた

いや、私も全く同じこと思ってたから笑

そうなのか笑
~朝~ 


どうやら二人は寝落ちしてしまっていたようだ


今日は土曜日、学校はない

遅く起床した






ピコンッ
彩花
LINE)おはよ!今日空いてる?
あなた

LINE)おはよ!空いてるよ!
話したいこと山ほどあるから!

彩花
LINE)寺山のこと?笑
あなた

LINE)げげげ、彩花は勘が鋭い

彩花
LINE)じゃ12時頃でおっけーい?
あなた

LINE)うん!じゃ後でね