無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

ホ ン シ ョ ウ _
~帰り道~
(何やってんだろ)

(俺はもう..)
落ち込みながら帰っていると

あなたに会った
あなた

あれ!?樹?どしたの?

...あ、え、あなた
あなた

私はね、今コンビニ行った帰りなの~!

そうなんだ
あなた

元気..ない?

そんなことない
あなた

...そっか!

あなた

一緒に帰る??

、寄るとこあるから一人で帰るね
また明日な、あなた
あなた

うん

そう言って俺は

あなたと普通なら帰っているが

今日は一人で帰ることにした


性欲に負けた人間が好きな人といる価値無い


そう自分に言い聞かせていた
あなた

(樹、大丈夫かな..)

(テンション低いし)

(俺はもう最低な人間だ)

(もう夏琳とは会わない)

(夏琳の会ったら散々な目にあう)
あなた

(彩花にLINEしよーっと)

あなた

LINE)ねね、樹が元気ないんだけど
なんか知ってる??

すぐに返事が帰ってきた
彩花
LINE)知ってるけど言えなーい!
あなた

LINE)なんでよ!笑
教えてよ~

彩花
LINE)夏琳ちゃんが
また関わってくるからさ!
もうあなた聞きたくないでしょ??
確かにうんざりだった

夏琳ちゃんは可愛らしい子だが

どこか人を
寄せ付けない力を持っている感じがする
あなた

LINE)樹にも夏琳が関係してくるんだ..

彩花
LINE)まっ!気にすんなって!
今から用事あるからバイバイ~!
あなた

LINE)うん!ありがとねバイバイ


~このLINEの10分前~
夏琳
LINE)ねぇ、
私さ樹とヤっちゃった!笑
彩花
LINE)え!?うそ!?
でも..樹の好きな人って..
夏琳
LINE)あなたちゃんだよ~
彩花
LINE)どうして!?それなのに!?
夏琳
LINE)男なんて所詮   
触っちゃえば興奮するでしょ笑
彩花
LINE)なるほどね..!
夏琳は樹を..自分のモノに!?
夏琳
LINE)あったりまえじゃーん!
あなたちゃんなんかに渡すと思う~?笑
彩花
LINE)だよね!あなた
好まれてると思ってるから調子乗りすぎ!
夏琳
LINE)そうなの~笑
単なる痛いやつやん!!笑
彩花
LINE)ね!笑うよね
彩花は裏であなたの悪口を言っている

最低な人間だった