無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

あなたSide

ー帰り道ー


こんなに簡単に信じていいのか



そう感じた




隣にいる翠の優しさを

真莉彩も味わってただなんて_
家ついたね
あなた

うん

じゃ明日ね?
あなた

うんバイバイ

そう言ってお互い手を離した
あなた

ただいまー

お母さん
お、!

おかえりー

なんかね
真莉彩ちゃんって子が来たわよ?
あなた

え、いつ?

お母さん
ちょーどさっき!

でもあなた居なかったし返しちゃったわ
あなた

そっか

お母さん
なんかね話したいことがあるって
言ってたわよ?

そんな家来るほど
重大な事なのかしらね〜
あなた

知らない興味ない

そう言って二回の自分の部屋に行った
あなた

(はぁー)

深いため息をついて

ベッドにダイブする
あなた

真莉彩と兄弟...か

頭から離れなかった
ピコンッ


LINEが来た
あなた

実空かな?

真莉彩
LINE)あなた、翠から

色々聞いてると思うんだけど

今まで黙ってて本当にごめん
あなた

真莉彩か..

あなた

LINE)兄弟って言うのは驚きだった
でも一番驚きなのはキスした事だよ

この返信をしてから真莉彩の返事が遅くなった
真莉彩
LINE)..ほんとごめん
既読がついてから

1分くらいしてやっと来た
あなた

LINE)好きなんでしょ翠のこと

真莉彩
LINE)いやもう辞めたよ
あなたの好きな人だもん
あなた

LINE)...そっか