無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

ー朝ー学校
実空
おはよあなた
あなた

おはよ〜

実空
翠と話せた?
あなた

うん話せたよ

真莉彩とも

実空
そっか良かったね
あなた

ありがとね、実空

ほんと助かった

二人で話していると真莉彩が来た
真莉彩
おはよ
あなた

...おはよ

実空
ねぇ真莉彩
真莉彩
ん..?
実空
あなたがどんな気持ちだったかわかってるの?
真莉彩
...ごめん
実空
ごめんじゃないでしょw
あなた

ちょっと..もういいよ

実空
良くないから
真莉彩
...
真莉彩は下を向いていた
あなた

ほんとにいいの実空

もう大丈夫

話は終わったから

実空
...
真莉彩
あなた...ほんとごめんね

翠のことは忘れるから
実空
翠..?
あなた

あぁ実空にはまだ話してなかったよね

実空
え、うん

え、翠関係してんの?
あなた

うん...まぁ

真莉彩
じゃ私いくね
あなた

うん

真莉彩は学校に来て早々

教室から出ていった

どこに行ったのかは分からない
実空
ねぇどういうこと?
あなた

あ、あのね

簡潔に言うと

真莉彩と翠は義理の兄弟なの

お母さんの違う兄弟

実空
うそ..
あなた

色々二人には

二人なりに抱えてた事があったみたい

それを私は全然わかんなかった

実空
わたしも..
あなた

まぁ二人の過去だから

忘れてほしいだろうから

気にしないでおくけど

実空
そうだね
複雑な気持ちになっていたのは

誰も言えなかった_