無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第67話

思 い 出 と 共 に _
心の底では

こんなこと思ってない

でも前を向く気持ちが大切なんだって分かった
あなた

(よーっし!頑張ろ)

現在は夜12時

明日の昼の新幹線に乗るために

荷物の準備をする


実家に置いてた翠との思い出を

1から見返す
あなた

(ふふっこの翠可愛い)

自然と笑顔になった
お母さん
あなた..?

もう寝たら?
あなた

...そうしようかな

そう言って寝る準備をした


ー翌朝ー
あなた

おはよう

お母さん
おはよ!
お母さん
今日はあなたの大好きな

タコさんお弁当に入れといたよ〜
あなた

ありがとうっ!

タコさんウィンナー大好きなんだよねー

お母さん
これ新幹線で食べて元気出してね?
あなた

うんっ!

朝ごはんを食べ服を着る
お母さん
駅まで送ってこうか??
あなた

んー微妙に時間ないし

送ってもらおうかな

お母さん
じゃお母さん車出してくるから

戸締りよろしくね!
あなた

うん!

アウターを手に取り

荷物を持ちドアの鍵を閉める
お母さん
荷物重そうね?
車の窓からお母さんが喋る
あなた

うん、思い出も家に置こうと思って

お母さん
そうなのね
そう言って車が動き出した


見慣れた街で過ごした

翠との思い出が蘇る
あなた

ねぇお母さん?

お母さん
んーなに?
あなた

私はもう大丈夫だから

心配しないでね

お母さん
んっ!

あなたが言うなら

心配しないよ!大丈夫!

あなたならやってけるもんね!
あなた

うん😊

お母さん
よーし駅ついたよ!
あなた

...またね!

お母さん!

またすぐ帰ってきます

お母さん
うんっ!

お母さん待ってるよ!
あなた

ばいばい

お母さん
行ってらっしゃい!
そう言って私は改札に入っていく

涙を流しながら_


間もなくして新幹線に乗った

お母さんの手作り弁当を食べる
あなた

(美味しいなあ)

あなた

(大好きお母さん)

(心配しないでね)

(私はもう立ち直るから)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





次かその次でついに最終回を迎えます!


未来に向かって挫けず歩み出した

あなたをご覧ください!





※更新遅れてすいませんでした😓

最終回まであと少しなので

更新頑張ります!(明日以降)