無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

卒業式
私たち4人は今日

それぞれの想いを持ちながら

卒業する



翠と実空は地元の大学

私は上京

樹は海外



みんなそれぞれ違う

だからこそ
次に胸を張って会えるように

個々に頑張るんだ



ー式直前ー
泣けてくるな..
あなた

うん..

俺もう泣いた
実空
私も樹から貰い泣きした
そう言っている
2人の目はもう赤かった
おいおい

まだ式始まってねーぞ?笑

流石にまだ我慢してよ笑
実空
うん...そうだね
校内アナウンス)

3年生の皆さんは
講堂前の入退場の場所に集合してください
ついに始まるね

行こっか
あなた

うん

そう言って私達は
手を繋いで講堂まで行く
あなた

翠?

ん?なに?
チュッ
え、?
あなた

フフッ)

私は翠にキスをした
おいっ///

みんな見てんぞ
あなた

いいの、

そう言っている間に

入退場の場所につく
あなた

ふぅ..

私は深く深呼吸をする





校長先生)

卒業生入場!


音楽が流れ始め

ゆっくりと歩き始める
あなた

(はぁ)

(涙が止まらない)

目には涙がたくさん出ていた

堪えきれない程の涙が溢れ出た
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

卒業式終了





涙が止まらなかった


溢れ出た


それは翠、実空、樹も同じだった
俺恥ずいわ

こんな泣いてて
そんな事言ってらんねーよ
2人とも話すことが

精一杯なくらい泣いていた
実空
樹と離れるの嫌だ(グスッ
あなた

私も翠と離れたくない(グスッ

私の涙には

他にも理由がある



翠の事で揉めてきた

夏琳ちゃん、真莉彩のことだ

このふたりは卒業式にも現れなかった


罪悪感と
翠で揉めた沢山の思い出が蘇ってくる

会いに行くからなあなた
あなた

待ってるよ翠

おう