無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

上 京 当 日  ̄
ついに上京当日


ー最寄り駅ー
お母さん
あなたとも

しばらく会えないのね
あなた

ごめんなさい🙏

お母さん1人にさせちゃって..

お母さん
いいのよー笑

そろそろお父さんも単身赴任から帰ってくるだろうし!
あなた

そっか!

それなら安心!

お母さん
ちゃんとでかくなって帰ってくるのよ?
あなた

うん(グスッ

お母さん
ほら泣かないの〜笑

悲しくなっちゃうでしょっ!
あなた

う、ん(グスッ

やっぱ無理だよ泣かないなんて(グスッ

お母さん
まぁいいわ笑

あれ?翠くんは?
あなた

来たら悲しくなるから

来ないでって言ったの(グスッ

お母さん
そうなのね
まもなく○○行が発車いたします
あなた

あ、行きなきゃ..

お母さん
うん
電車に乗る
あなた

すぐ帰ってくるからねっ!

お母さん
うん!行ってらっしゃい
ドアが閉まる


お互い手を振る
お母さん
がんばってね!
あなた

コクリッ)

電車が発車する
あなた

はぁ..

ピコンッ)
LINE)お前のこと待ってるからな
あなた

(泣かせないでよ..)

あなた

LINE)うん

LINE)俺はあなたの
心の中で側に居るから
あなた

LINE)うん、ありがとう😊

LINE)応援してるね。
大好きだよ
あなた

LINE)私も

そう言って会話はおわった
実空
LINE)上京大変だろうけど
がんばってね!!
応援してるよ!
あなた

LINE)実空ありがとうね頑張る!

皆に応援LINEを貰った



ー2時間後ー
東京到着
あなた

うわぁ人多い..

スマホでルート検索しながら

自分の引越し先のマンションへ行く
あなた

ここか

そこに待ち構えていたのは

五階建てくらいの

かなり新しいマンションだ
あなた

お母さん

都内でこんな大きいマンション..

家賃高いだろうに..

ここの家を決めてくれたのは

お母さんだった
あなた

(グスッ

涙が止まらない
あなた

うわぁ..お部屋広くて明るい

荷物を置いて

早速綺麗にする