無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

遅刻
ピッピピピピピ
あなた

ん〜

ヤバ!もうこんな時間⁉️
ああああああああ....
あなた

行って来まーす!

今日から中学生‼︎
ぜーたい友達いっぱい作るんだから。
翔悟
うっす!
あなた

わっ⁈

あー、びっくりした。。
心臓止まりそうだったよ....。
でも、こんなところで死んだらダメダメ!
あなた

ちょっと翔悟やめてよー
まだ死なないんだから!!

コイツは、翔悟。
私の幼馴染。
私の好きな人でもあるの。
でも、結構モテるんだよね。
翔悟
あー、わりい 笑
(可愛いなぁ)
( )は、心の声です!
あなた

ちょっと笑わないでよー 怒
てか、やばい!早く行かなきゃ遅れちゃうよ!行こ

翔悟の手を取る
あ、手繋いちゃった 照
その日2人は遅刻した。